FC2ブログ

利用規約・免責事項

 当ブログに掲載された文章は、あくまでikariya-sp個人の意見であり、独断と偏見に基づいて
記されたものです。内容の解釈はブログを読まれた個々人の判断に依るものとします。

 事実に反する内容の掲載は無いよう注意していますが、表現の一部に於いて大袈裟になる
可能性があります。当ブログは個人運営であり、個人の言論及び、表現の自由に基づいて執筆し
ています。個人的な私憤によるクレームは、基本的には一切受け付けませんのでご了承下さい。

 当サイトに掲載されている文章、画像等のコンテンツは一部のものを除いて殆どの著作権を
ikariya-spが保有しています。無断での引用は固くお断りします。

上記内容について、感覚的に理解出来ない方は閲覧をお控えいただくことをお勧めします。


ストレス発散?

病院漬のストレスからジャンク一発決めてみました。

080612-1.jpg


本日の昼飯です。
まずは、日清「デカ王」
以前の「ボブカップ」同様、リソースの有効活用が行われています。
麺が2つ入って、容量2倍、、、そのまんまやがな(笑)
080612-2.jpg


そして、焼きそばのお供に生ビールと行きたいところですが
真っ昼間&車でのお出かけ予定ありなので、夏限定のペプシコーラー
ブルーハワイ
080612-3.jpg

パイナップル&レモン風味の青い液体です。
もちろん無果汁
080612-4.jpg


2匹目のドジョウはいなかったのか?
パンチは昨年の「冷やしきゅうり」におよびませんでした。
スポンサーサイト

大脳動脈瘤が発見されました

昨年の秋、ウイダー鈴鹿8時間エンデューロで原因不明の全身の痺れと、手の震えに見舞われ
とある大学病院で、色々と検査漬けの半年をだったのですが、、、

たまたま、別の検査で頭のMRIを撮影したところ、左の脳動脈に動脈瘤らしいものが写っちゃいました(笑)
って言うことで、今度はMRAの撮影をしたのですが、やっぱり左の脳動脈に動脈瘤らしいものが写っていました。
主治医には、「脳外科の先生に診てもらいましょう!」って軽く言われたけど正直、鬱入りました。

なんでか?

脳動脈瘤ってのもシリアスですが、私この病院の耳鼻科でも眩暈の検査で半年に1回通ってるんです。
気持から先に病気になりそうですわ、、、

でっ、前置きが長くなりましたが
本日、脳外科の診察に行ってきました。
予約時間の5分前に到着して、診てもらう気マンマンです。
ところが、いくら待っても呼ばれない。
病院のシステムには慣れており、こんなに時差があるのは「なんか変だ!」
受付に声をかけてみようか?どうしようか?
声をかけたら最後、説教モードに突入してしまいそうな自分が怖い。
しかも、脳外科の先生に喧嘩を売ると後々がコワい(笑)
約1時間半何も言わずに静かに待ちました。

診察室では、なんか疲れ切った感じの先生が、MRAの写真をパソコンの画面で見ています。
そして、脳動脈瘤についての説明が始まりました。
・脳動脈瘤とは、脳の血管に出来た血管の瘤である。
・大きさが5ミリ~10ミリの動脈瘤が破裂する確率は、年1パーセント程度である・
・動脈瘤が破裂したら、クモ膜下出血という。
・クモ膜下出血を発症した場合、3人に1人ぐらい死亡する。

散々、ビビらされた後に、パソコンの画面上の私のMRA写真に写っているコブのあたりにカーソルを瘤の端から端までドラックしました。
すると、画面上にドラックした距離が表示されたんです!!
うぉ~~~っCADソフトみたいやんけ!(笑)
先生は、言いました。

2.2ミリ程ですね


小さすぎて、動脈瘤かどうかの判別もつきにくいので、もう一回写真撮りましょう!
次は、造影剤を入れてのCT撮影です。



造影剤について、散々ビビらされて帰ってきました。
次回、25日撮影。26日診断です。